弁護士法人アドバンスの評判が気になるなら!裁判を起こすまでの経過について

友達は、フクホーのみだけはまだ債務整理(つまり利息を省いてほしいという任意整理と今まで利息分が多かったのだから過剰に回収していた部分があるなら回収する過払い)が終わっていない状況です。

 

ですが、弁護士法人アドバンスに決めたことですでに裁判を起こす準備までしているとのこと。

 

さすがにどうなるのかはまだ言えないですけども。

 

では、なぜ弁護士法人アドバンスにしたのか?と言えば、フクホー対応ができる弁護士というのは少ないことは予めアヴァンスから聞いていたかもしくはネットで調べていたようで、それで、Googleでフクホー対応ができる弁護士を検索したところ有名な杉山事務所と後何個か出てきたので電話を掛けまくってみたらしく、それですぐに着手してくれたのが弁護士法人アドバンスということです。

 

ただし、フクホーとの交渉はかなり難易度が高くのらりくらりと1年経ってようやく訴訟ですからね。

 

もちろん、大手弁護士事務所であればお願いすればすぐに訴訟に移ったと思いますが、何せこちらもお金の事情というのがありますからね。

 

勝ち取れた金額の20%→裁判所で訴訟なし
勝ち取れた金額の25%→裁判所で訴訟有り

 

という内容みたいですから、裁判をするだけの負担分は5%しか変わらないですが、その代わり起こすまでが長いというわけです。

 

試算したところ過払いが発生しており27万円前後だったはずなので、どれだけお金を取り返せるのかはわからないわけです。
(本来はフクホーにどれくらい借り入れしていたのかを請求していたのですが、返答がなかったので監督官庁に訴えるという話までしていたのですが・・・結局訴訟へとなる見込みです。)

 

だいたいですけどね、2009年〜で合計約7年間取引していたことになるみたいです。(2016年時の話)
(過払い金は、お金を消費者金融に逆に貸し付けている計算にもなりますので、その利息も含んだ試算です。)

 

さすがに弁護士事務所が近所にあるわけではないので、友達が今まで借り入れしていた開示情報は郵便で弁護士法人アドバンスへと送っています。

 

スポンサーリンク

勉強になったと思えた方はぜひクリックをお願いします♪励みになります♪

交通事故 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト管理人にお問い合わせしたい場合はコチラ↓
お問い合わせはこちら^^