アディーレ法律事務所の交通事故処理について

スポンサーリンク

 

もし交通事故を起こしてしまった場合、貴方が加入している損保会社の保険を使って対応することになります。
交通事故は基本的に損保会社の担当者同士が話をし合うことで示談まで持っていくことが多いです。

 

ですが、交通事故の処理が上手くいかないとき(被害者の言い分が上手く相手方に伝わっていない場合)には弁護士を付けるという手段が一番手っ取り早く済むことになりますよ。
それはなぜかといいますと、弁護士がつくことで損保会社の社員ではできないことができるようになるからです。

 

アディーレ法律事務所

 

例えば、裁判を起こすことになりますね。

 

とはいえ、裁判を起こすような事故というのはある程度事故の規模も大きくて悲惨な場合は当事者同士ですら死亡していることもあります。
そうなったときでも正当な金額を損保会社に請求しないといけません。
でないと遺族または負傷されている場合は当事者がその後の生活が掛かっており、いくら他の保険に加入していたとしても微々たるものだったりします。

 

相手がいる場合や単独事故でも裁判では少しでもどちらにしても損保会社が支払う側の場合なら保険金の支払いをケチろうとしてきますので、様々なストーリーを組み立ててきます。

 

例えば、貴方に借金の存在があるならその借金を返済しようとして事故を起こしたのではないか?⇒詐欺未遂なのでは?

 

などということすら有り得ます。すなわち故意に事故を起こしたとして支払い不能通知をもらう場合があるわけです。

 

そんなときにまず貴方だけではその支払い不能通知を支払ってもらえるように動くことはできません。(弁護士などの資格があれば別ですが)

 

また頼りになる弁護士であればしっかりと相手の言い分を崩すために動いてくれますが、適当な弁護士を使うと大変な目に遭いますよね?
今は、弁護士の数が多すぎており個人弁護士の中には開業して間もない新米の弁護士も多く、また勝訴して現金を手に入れたら不当に貴方に本来なら支払うはずの保険金を騙して減らす弁護士もいますので、アディーレ法律事務所のように最初から集団化している業者の方が監視の目がありますのでトラブルになりにくいですよ。
また個人の場合ですとせっかく裁判で勝訴した場合の現金を着服されるとどうにもこうにもできませんが、アディーレなら規模が大きい会社ですので訴訟を別の弁護士に頼んで起こすことだって可能なわけです。

 

単独事故の場合は弁護士費用特約を使うことができませんが、アディーレ弁護士事務所で弁護士を使うのとそのまま示談してしまうのではいくらお金が掛かったとしても得する場合が多いですよ!!
つまり、貴方の被害をしっかりと保証してくれるように損保会社へ頼み了承してもらえるように動くのも貴方自身で弁護士を選んで頼まないといけない時代が到来しているというわけです。

 

アディーレ法律事務所

今回のおまとめ

 

・単独でも相手方がいる交通事故でも弁護士は必要!

 

・支払う側の損保会社(いくら貴方の損保会社でも)は支払いをケチろうとする!

 

・アディーレ法律事務所なら一人一人の弁護士同士を監視しているため着服事件が起こりにくいから安心!

 

 

スポンサーリンク

勉強になったと思えた方はぜひクリックをお願いします♪励みになります♪

交通事故 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト管理人にお問い合わせしたい場合はコチラ↓
お問い合わせはこちら^^