アフラックの3大疾病のときに保証プランの盲点とは?

スポンサーリンク

 

アフラックには、3大疾病保証プランという保険がありまして、”がん、急性心筋梗塞、脳卒中に対応した有難い保険があります。

 

なんとこのどれかになると一時金を受け取ることができるので、今後の通院費用や生活面に出来るだけ金銭的に余裕を持って対処することができるわけです。

 

しかも、死亡や高度機能障害になったときでも対応してくれます。(被保険者がなくなってしまえば使えないですけどね・・・それでも葬式代くらいは出せそうですけども。高度機能障害とは、被保険者だけではどうしようもできないほど体が動かないレベルのようですので、そこまで動けなくなりたくないですけどね。)

 

なんと解約するときも解約払戻金を受け取ることができるので、ある意味万全な保証内容ですね!(すぐに解約すると少ししか戻って来ないです。)

 

 

さて、ではどうやったら受け取ることができるのでしょうか?

 

それは、医者の診断とアフラックの審査基準が一致したときのみです。

 

たいていの約款には、記載されている3大疾病で所定の状態になった場合とされていますよ。

 

つまり、保険に加入して受け取ることができる人、たいていは加入者本人(被保険者)が独自に判断しただけでは意味がありません。。。

 

 

どうやら癌(悪性新生物)に関しては診断が出たとしても3ヶ月ほど待ってもらわないと振り込まれないみたいですが、お金がなくなってくるのはこのあたりからの可能性は十分にありますので、

 

早期発見早期治療をする方であれば、お金の面では大丈夫という場合もあることでしょう!(早期発見早期治療にも難点があることにはありますけどね。特に乳がんなどはマンモグラフィですら発見しづらいとされているようですし)

 

ではいくら振り込まれるのかといえば、

 

1回限りですが200万円プランに入っていれば200万円ですね。(保険に加入するときに条件が付いていなければ)

 

だいたい50才以上になると急激にがんになる人が増えてきますので、50才までは4〜9千円程度ですが、60才を超えると12,000円を越えてきます。

 

 

保険はある意味でギャンブルな部分もありますので、健康な体を維持出来ていると思っている方は入らない方が良いですし、

 

毎日仕事や育児で疲れており、体調も悪いかもと思ったときがあれば出来るだけ早めに加入しておかれた方が安心といえば安心できますよ。

 

 

 

スポンサーリンク

勉強になったと思えた方はぜひクリックをお願いします♪励みになります♪

交通事故 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト管理人にお問い合わせしたい場合はコチラ↓
お問い合わせはこちら^^