アフラックの保険に加入する前に確認しておきたいこととは?

スポンサーリンク

 

アフラックには魅力的な保険がたくさん揃っていますが、一番最初に確認しておかないといけないことがあります。

 

それは、被保険者となる本人がどんな公的なサポートを受けることができるのかです。

 

もちろんそれは、企業に勤めている場合であれば、福利厚生は必ず見ておく必要性はありますね。

 

大抵の場合は・・・

 

公的なサポートといえば、

 

保険でいえば国民健康保険になりますね。

 

もしお金を滞納し未加入状態で居続けていたら悲劇です。

 

病院の通院費用は10割負担となりますので、これは痛いですよね。

 

企業に勤めている場合であれば、特に問題なく加入し続けておりしかも福利厚生の中には例え入院したとしても1日単位でお金が出るから助かった!という場合もあります。

 

(ブラック企業に勤めていたり、非正規の方の場合は福利厚生がほとんどないこともよくありますが。。。自営業者もしくは中小企業であれば日本フルハップでしょうか。もし加入されていない場合であればかなりオススメしますよ。)

 

次に支払っておきたいのは年金です。

 

企業に正社員として勤めている場合なら厚生年金、公務員なら共済年金に加入されているはずです。

 

ちなみに、どちらも基礎年金として国民年金部分が含まれているはずです。ですので、国民年金のみの方に比べてもらえる年金額が多いわけです。

 

ですが・・・

 

フリーターや自営業(フリーランスを含む)などでは国民年金のみとなります。もちろん、国民年金基金にまで加入してあれば、それなりに手厚い年金となる可能性はあります。

 

ですが、たいていの方は国民年金のみですね。

 

もし、私としても自信はありませんが国民年金に滞納部分があるのであれば至急支払いをされておかれた方が良いでしょう!

 

つまり、保険は公的な保険や年金を満たしている場合に追加で!という考え方が安心した老後を送る上でも良い選択と言えます。

 

ですが・・・

 

年金を支払うのに滑々な状態でしんどい場合だからと言っても、入院する可能性が高い人や先祖から寿命が短いという家系の人の場合はアフラックの保険に加入しておく方が良いでしょう!

 

なぜなら、年金をもらうのは70才からとかなり後です。

 

ただし、

 

子供が出来たからと年金の支払いを滞って学資保険に加入するのは間違えています。(10年預けておけば倍になるならOKですけど、学資保険だからと言っても利率が低いため)

 

まず、第一に被保険者になる本人(親)の命と健康を大事にしないと子供が親がいなくなってからでは路頭に迷う確率が結果的に高まります。

 

スポンサーリンク

勉強になったと思えた方はぜひクリックをお願いします♪励みになります♪

交通事故 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト管理人にお問い合わせしたい場合はコチラ↓
お問い合わせはこちら^^