アフラックの交通事故の時に役立つ保障内容記事一覧

スポンサーリンクアフラックの医療保険にある入院給付金や手術給付金を受け取りたい場合は、日帰り入院からしっかりと保障してくれる有難い保障内容となっています。例えば、1日目から私(被保険者)の場合だと1万円出る予定です。疾病入院給付金と災害入院給付金がそれぞれ1万円!(1回の入院につき60日間、通算支払限度日数1,095日まで)手術給付金は、病気や怪我で所定の手術をしたときに、1回につき10万円、20...

スポンサーリンクアフラックにはもし突然に不慮の事故によって死亡または、高度障害が残ったときや不慮の事故以外による死亡、または高度障害が残ったときに給付金を受け取ることができるアフラックの定期保険があります。ちなみに、元気割引付とよばれる割引制度があり、タバコや薬物などをしていないなどの条件を満たすと割引があります。これは病院の先生に見てもらうので嘘は付けないです。私の場合は・・・・特約で災害死亡割...

スポンサーリンク交通事故や通常でのケガでの通院保障(入院の有無を問わず)をしっかりとしたい場合に特約として付けることができます。このアフラックのケガの特約でいいことは、ケガで通院すると災害通院給付金が1日につき3,000円!骨折・関節脱臼・腱の断裂をしたときに特定損傷給付金として一時金につき5万円ほどもらえます!所詮3,000円しかもらえないと思っていても、交通事故に遭った場合は仕事を休みがちにな...

スポンサーリンクアフラックの入院給付金をもらえる保険に入ってはみたものの本当に受け取ることができるのか心配ではないですか?実は私も交通事故ではありませんが手術込みで入院をしたことがあります。顎の手術でしたので結構大規模なことになりました。約3週間程度の入院をしましたのでだいぶ退院時には体重も減っていましたね。(5キロくらいかな?)そんな私ですが、アフラックの入院給付金と手術給付金の両方を受け取るこ...

スポンサーリンクアフラックの高度先進医療特約は、厚生労働省告示に定める先進医療に該当する医療技術を、厚生労働大臣が定める施設基準に適合する保険医療機関で受けた場合にお支払いの対象となります。また、先進医療に該当する医療技術には、それぞれ適応症(対象となる疾患・症状等)が定められており、その適応症に対して受けた医療技術であることが必要です。なお、医療技術を受けた時点で先進医療に該当しない場合はお支払...

スポンサーリンクアフラックは昼間を中心に多くのCMを出しさらに雑誌でも見かける大手の保険会社です。さて、保険会社は基本的に儲けを出すことを前提に保険を売っているため特にどこの企業もボランティアではご飯を食べていくことはできないので致し方ないでしょう。ちなみに私も加入してます。では、アフラックの定額タイプの保険は毎月定額料金だからお得だ!と思っている方も多いでしょうが、違います!実はどうやってあの金...

スポンサーリンク総合先進医療特約というケガや病気になったときに対応してもらえそうなとっても良さそうな特約を付けることがアフラックでは可能です!これは、健康保険の適用外である病気やケガでの先進医療にかかる技術料のうち、自己負担した費用を2,000万円まですべての保険期間を通じて支払ってくれるというものです。もちろん1回ずつが積み重なっていき2,000万円を超えてしまえばその後は完璧に自己負担というこ...

スポンサーリンクアフラックの保険では、給与サポート保険とかちゃんと応える医療保険のEVERとかちゃんと応える医療保険やさしいEVER・・・などアフラックの保険会社のHPを見ればいくらでも出てきます。さてどれにどれくらいの保障をしてもらえる保険に入れば良いのかと不安になりますが、そこは代理店を通じて相談に乗ってもらう形であれば簡単にいろいろと情報を公開してもらえます。ですが、そのときには、貴方の個人...

スポンサーリンクアフラックの保険に限った話ではないですけど、保険は1度入れば満期を迎えるまで一生のお付き合いをしていきたい!と思うのは加入する前までですね。なぜならパンフレットの資料請求をしてみたり、代理店で話を聞きに行ったりしたときに良いことしか言わないですから胸も踊ることでしょう!(私はその一人ですけどね。今も通院型のアフラックの保険に入ってますけども)ですが、いざ保険代金を毎月のように支払っ...

スポンサーリンクアフラックには、3大疾病保証プランという保険がありまして、”がん、急性心筋梗塞、脳卒中に対応した有難い保険があります。なんとこのどれかになると一時金を受け取ることができるので、今後の通院費用や生活面に出来るだけ金銭的に余裕を持って対処することができるわけです。しかも、死亡や高度機能障害になったときでも対応してくれます。(被保険者がなくなってしまえば使えないですけどね・・・それでも葬...

スポンサーリンクアフラックには魅力的な保険がたくさん揃っていますが、一番最初に確認しておかないといけないことがあります。それは、被保険者となる本人がどんな公的なサポートを受けることができるのかです。もちろんそれは、企業に勤めている場合であれば、福利厚生は必ず見ておく必要性はありますね。大抵の場合は・・・公的なサポートといえば、保険でいえば国民健康保険になりますね。もしお金を滞納し未加入状態で居続け...

スポンサーリンクアフラックだけではないですが、入院給付金日額1万円出ますよ〜!という保険に入ることで"これでもしもの場合は大丈夫!"と安心していませんか?実は、日額給付金タイプの保険は割に合わない商品の可能性は結構高いわけです。例えば60才まで加入するとしても、それが20才から加入しても、保障内容が同条件であれば保険料金は若い頃に加入している方が毎月の支払いは安いです。逆に50才から加入してわずか...

スポンサーリンクまだ私が若い頃は仕事も順調でしかも親だって元気に働いていたし、保険は知り合いのおばちゃんが付き合いで良いから入ってといって入ることにはなったけど、今は年収は伸びないし、仕事はきついしそろそろ親の介護が心配になってきたから出費を削りたいと思っていたわけです。そんなときに一番削りやすそうなものと言ったら知り合いのおばちゃんから頼まれて入った保険内容の数々・・・。とはいえ、また別の保険に...

アフラックの保険に加入したときに、解約手続きをするまではお金を払わないままにしていたとしても続きます。保険のお金はどうやって振り込んでいるのかは主に加入者が決めることになっています。そのときには、銀行振込、コンビニ振込、引き落としなどさまざまな振込方法があります。さて、アフラックの保険に加入していたけれど、そろそろ保険の見直しをしようかなと考えるときもありますよね。例えば、・インターネット型の保険...

人生って突然災難に遭うことってありますよね?例えば、こっちは信号をちゃんと守っていても今は逆走する車が猛スピードで迫ってきて交通事故に遭ってしまい、緊急入院になってしまった・・・毎日家族のために一生懸命働いていたら身体が限界を越えていて癌などの病気になってしまった・・・台風が近づいて来ていたので風が強い日だったこともあり、看板が飛んできて骨折してしまった・・・また、最近は治安の悪化が心配になってい...

よく養老保険と終身保険がごちゃ混ぜに思ってしまう場合がありますよね。保険の内容としては、一体何が何だかさっぱりわからないけど生保レディーを信用して加入しておけば大丈夫だろうみたいな気持ちがどこか沸いてきますよね。今は、保険の窓口のようにスーパーやショッピングモールなどに行けばちょっと話を聞いてくることもできますがその前に事前に調べておくのも、間違った保険に加入してしまい後々後悔しないための対策の1...

今、乳がんで亡くなられる女性の数が増えている感じが肌感覚でありますよね。なんと、独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターによる調査によれば、50年前であれば50人に1人だったのが、今では14人に1人になりました。しかも、乳がんで亡くなっている人数は年間で1万3,000人と多いです。もし乳がんになったとしたらできるだけ早めに乳がんだと病院の先生から告知を受けたいわけで、それならまだ30代...

すでに結婚されて子供も生まれ将来子供の教育費用が掛かるからと頑張って妻子を養いつつ貯金もちょっとずつはしていると言う立場の貴方が、自宅から離れた職場に通うのに最近では交通費が100%出る会社は減ってきているため交通費を浮かせたい!また、できるだけ自分のリズムで仕事に入るために整えたいからと朝は特に混雑する電車バス通勤じゃなくて、原付で通っていたとします。あなたはきっちりと交通ルールを守り運転してい...

日本人の2人に1人は癌になる時代なんて言われて久しいですが、それは日頃食べているコンビニやスーパーなどで買う弁当、お菓子などで食品添加物や飲酒、たばこ、そして仕事や子育ての悩みなどでのストレスで、もしかしたら身体が限界を感じた結果なのかもしれないです。引用元:がん罹患・死亡データの更新に 関連する追加集計 - 国立がん研究センター 片野田 耕太https://www.ncc.go.jp/jp/in...

生命保険は、あなたが亡くなってしまったときに大切な家族の生活を一生保障することまではさすがにないですが、少なくとも数年程度は何もしなくても生活はできるくらいのお金を残すことができるという意味でありがたい保険だったりします。生命保険会社なんてたくさんありますからね。・第一生命・日本生命・アフラック・東京海上日動保険などなどですが、こういう場合は生命保険の解約をしても悪くはないと思いますよ。・生活を維...

スポンサーリンク

勉強になったと思えた方はぜひクリックをお願いします♪励みになります♪

交通事故 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト管理人にお問い合わせしたい場合はコチラ↓
お問い合わせはこちら^^