格安バイク保険に入ろうとするのならどちらも同じ!?

JAバイク保険VSネットバイク保険!どちらが有利なのか?

JAバイク保険
JAバイク保険と言えば、日本全国にあるJA共済の各店舗ですぐに印鑑と免許証などの本人が確認でき書類と加入するプランの内容分のお金、もちろんバイクの車種(ナンバープレート、排気量)が分かれば、いつでも加入することができます。

 

これは、ネットのバイク保険もすべてそうなります。何が決定的に違うのかと言いますと、加入するまでの時間と金額ですね。

 

JAバイク保険なら即日になりますが、ネット型は1日や2日で加入までは至らないです。

 

なぜなら郵送しないといけないので、もし記入ミスがあればまた送り返されてきます。

 

さすがに何度もやり直すと手間暇がかなり掛かるので億劫にはなってきますが、それを防ぐようにどこを書いて良いのかやどういった書類がいるのかをちゃんと書いてくれています。

 

JAバイク保険だとその日のうちから適用されますが、その代わり、対人販売型なのでその分の人件費を私が加入した保険代金にドスンッと含まれていますので、ネット型に比べて内容が悪いです。

 

ただし、どの損保会社もそうなのですが、あくまでも補償される最大のことが書かれてあるだけなので、事故を起こしてしまったまたは追突されたなどで被害を受けた場合には、対応されるかどうかは、その会社によっては分からないです。

 

間違いないことは、損保会社はみんなから集めたお金を元にやりくりしているため、あまりに安いプランに入ると、あまり対応してくれないことがありますので、注意しましょう。

 

つまり、今2万円保険に加入するなら用意出来るのであれば2万円分しっかりと加入しておくことが大事です。

 

実は、弁護士特約は加入できるけど、保険料の金額次第で99%オフになることもある。。

 

交通事故の被害者になると使える弁護士特約はなんとすべての代金を損保会社が負担してくれるわけではありません。

 

結局は、保険料金が少ないとその分で採算が合うようにしか動いてくれないため、例えば20万円ほど掛かったとしても、19万9,999円は貴方が支払ってね!

 

と言われてしまうこともあります。

 

どんなに苦情を入れても保険会社は苦情に慣れているところがあるので、動かない場合が多いです。

 

ですので、苦情を入れてしまうかもしれないと思っている方は、ぜひ年間費1万円でも多く加入して交通事故に遭ったときの備えをしておくと被害者になってしまったときにだいぶ待遇が変わります。

 

 

「あそこの保険会社はいい保険会社だった」

 

と言う評判がどこの保険会社でもありますが、これは保険料金を頑張って負担した人だけの特権といっても過言ではないです。

 

では、JAとネットバイク保険ではどちらが良いのかここで最終的な判断をしますと、

 

ネット保険の方が安くて待遇が良いです。

 

ただし、あまりにも聞いたことすらないネット保険に入るくらいならJAをオススメします。

 

何度も言ってしまいますが、みんなから集めたお金で運用されているため、集められないとどんだけ良いプランに加入しても、意味がなかった・・・と言う場合もあるためです。

 

ですので、JAのバイク保険は大手ネットバイク保険よりかは下回るものの、補償内容の実効性を考えれば、中小ネットバイク保険よりはマシと言った立ち位置になりますね。

スポンサーリンク

勉強になったと思えた方はぜひクリックをお願いします♪励みになります♪

交通事故 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト管理人にお問い合わせしたい場合はコチラ↓
お問い合わせはこちら^^
page top