JAのバイク保険を安く抑えようと思って入ってはいけない理由とは?

JAのバイク保険は車保険に比べて欠陥品だからこそ安い保険には入って欲しくない!

jaバイク保険

 

JAのバイク保険と言えば、結構有名な農協が取り扱っている保険のことです。

 

ですが、ついつい考えてしまうことと言えば、JAのバイク保険は他のバイク保険に比べて安く入ることができるんですよね。

 

だからこそ、ちょい乗り程度しかバイクなんて運転しないから、最も安いプランで別に良いかなと思いがちになりますよね。

 

ですが、今は交通事故にいつ巻き込まれるか分からない時代で、貴方が例え真面目に運転していても、後ろからトラックにぶつけられたら一溜まりもありませんし、今では高齢者の逆走運転もよくあることです。

 

いくら貴方は過失割合では全く悪くないと思っても、ケガをすれば痛いですし、入院補償もして欲しいのはすぐに思いつくことですよね?

 

だけど、こんなときに限ってバイク保険の内容が非常にひどかったとしたらどうでしょう。

 

まずは被害者加害者関係なく自賠責保険での治療が始まり、傷害なら120万円を超えるとそれ以降は相手の保険(車やトラックなど)で治療していくことになります。※10:0の場合は自分バイク保険を使う必要がないです。

 

120万円もあれば十分じゃんと思っても、実費での請求が普通に行われてしまいますので、すぐに上限に達します。

 

安い保険に加入していると、本当なら付けておいたはずの弁護士費用特約がほとんど役に立たず使えないなどの様々な支障が出てきます。

 

※示談後にJAが弁護士費用の支払いを一部認めないなどのことが実際にあります。

 

しかも、味方であるはずの担当者が新米のおばちゃんと言うこともよくあることですね。

 

こうしたことがなぜ起こるのかと言えば、それだけ安い保険に入っているので、その範囲内で人件費等も含めて考えると、こうなると言うことになります。

 

ですので、ただですら車よりも事故が起きやすいバイクの場合は、車よりも料金が保険内容で比べてみると割高になるんです。

 

安く安く抑えようとすると、交通事故にならないときは良いですけど、もしなってしまったときは悲惨以外の何ものでもないので、できるだけしっかりした保険に加入されておく方が良いでしょう。

スポンサーリンク

勉強になったと思えた方はぜひクリックをお願いします♪励みになります♪

交通事故 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト管理人にお問い合わせしたい場合はコチラ↓
お問い合わせはこちら^^
page top