スポンサーリンク

JAにはホテル代(宿泊費用)サポートがないのが痛い!

JA

 

参りました!JAのバイクでロードサービスを使ってみたときに、ふとあるものがこの保険にないことに気づいたのです。

 

それがホテル代(宿泊費用)サポートがないことでした。

 

そりゃ街中でバイクが壊れたとしても、バイク屋さんなんて到るところにありますし、もし夜走行中にトラブルが発生したとしても、近くのネットカフェなりホテル、もしくはどこも本当にない場合には、事情を話して24時間開いている飲食店に太陽の光が差し込むまで隅の方で待機しておくなどもできなくはないでしょう。(もちろんJAのロードサービスを使って、レッカー車により移動はしてください。)

 

ですが、田舎道を走行中だと悲劇しかないです。

 

こういうときは、トラックの横に乗せてもらうこともできるようですが、ただしもしトラックが事故ってしまった場合は、トラックの保険を1%も使うことができないです。

 

つまり、運転手の技術や天運を信じる他ないわけですね。

 

JA

 

もしどうしても宿泊したかったとしても

 

「あっあそこにビジネスホテルがあるけど、高そうだから我慢しておくか・・・」

 

という気持ちになりそうです。

 

ですが、

 

・チューリッヒ
・アクサダイレクト

 

などであれば、宿泊費を負担してもらえるプランがありますので、もしもホテル代を損保会社に出してもらいたい場合は、JAには加入されない方が身のためでしょう。

 

ホテル代(宿泊費用)サポートのメリット

 

・ビジネスホテル(1泊分)を自分自身が負担することがない。

 

JA

 

※もちろん、自力走行が不能になり、かつレッカー車によってバイクが移動になったときです。

 

そのときに現地から自宅までの帰宅費用か、宿泊費を負担してもらえることになります。

 

※大雑把に書いていますので、詳しい説明は各損保会社の担当者に詳しい説明をしてもらってください。

 

ホテル代(宿泊費用)サポートのデメリット

 

やはり損保会社も採算が取れるからこそのロードサービスなので、プランによっては追加で上乗せがあるかもしれません。

 

※大雑把に書いていますので、詳しい説明は各損保会社の担当者に詳しい説明をしてもらってください。

 

結論

 

JAは安いバイク保険(車両保険もですが)として知られている分だけ、民間の損保会社ができるような細かなプランまでは難しい傾向があるので、ロードサービスをこれでもかと言った具合にとことん充実させたいと言う人であれば、JAはオススメしません。

 

スポンサーリンク

勉強になったと思えた方はぜひクリックをお願いします♪励みになります♪

交通事故 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト管理人にお問い合わせしたい場合はコチラ↓
お問い合わせはこちら^^
このページの先頭へ戻る