補償内容も充実しているダイレクト型よりも得することってあるの?

JAよりダイレクト型バイク保険の方が安いから良いよね?

バイク保険

 

JAのバイク保険は店舗型(代理店型)なのですが、よくあるダイレクト型バイク保険も比較しながら加入しようと見積もってもらうと補償内容が比べ物にならないくらい良かったりします。

 

テレビCMなどでおなじみのダイレクト保険など

 

しかも、JAバイク保険よりもコスト面で見ても安上がりなので車をすでに保有しているから、できれば車だとガソリン代が高く付くので普段はバイクで通勤や通学に使用するという場合もありますが、それでも交通事故を引き起こすことなんていつも安全に運転していれば大丈夫だから、バイク保険はダイレクト型で良い!

 

と思いがちになると思います。

 

しかも、元々車両保険と比べてバイク保険はコストの割には補償内容がそこまで良くない場合が多いですからね。

 

※交通事故で帰宅できなくなった場合の宿泊費などが出ないなど車両保険の方が明らかに充実しているじゃんと思ったことがある方は多いと思います。

 

ですので、例えば年間のバイク保険を3万円までにしようと決めてから選ぶ場合は、店舗型のバイク保険を選ばずに、ダイレクト型(インターネット申し込み型)を選ぶ方が絶対に得じゃん!

 

と思う場合が大半だと思います。

 

そこで、あえて店舗型のメリットを紹介していきたいと思います。

 

 

 

店舗型(代理店型)のメリットは?

 

バイク保険

 

正直なところ、ダイレクト型の方がネットで申し込みを行い、後は書類が届いたら書いて印鑑を押して必要な書類(免許証のコピーなど)を揃えて送り返すだけ!

 

もし分からないことがあればその都度電話で担当者に聞けばいいだけだし!と思いますよね?

 

JAの場合は、店舗や農協窓口に行って対人で契約することになりますので、そういう意味では親切丁寧に対応してもらえますのでもし、書類に間違いがあったり印鑑を押し忘れていたりすることがあると、何度もポストにまたやり直してからポストに投函しないといけませんよね。

 

それをJAであれば契約まで担当者が導いてくれますよ。

 

さすがに人件費が掛かってますからね、ほぼ同一の保険内容で比較してみるとダイレクト型に比べてその分保険の年間費用が倍近く違うこともあります。

 

ただし、バイク保険の適用範囲が違うことがあります。

 

例えば人身傷害保険の適用がバイクに乗っていた場合のみではなくて歩行中も補償の対象になっているわけです。

 

また、バイクが故障したときに台車(代わりのバイク)をバイク修理店で貸してもらえたときにでもそのバイクで交通事故に遭った際には、JAに加入中のバイク保険を使うことができるわけですね。

 

これが、ダイレクト型にはない場合があります。また、最近は安さを求めるあまり全国的にみても事故の担当部署を集約しているケースが増えて来ていますが、ダイレクト型の場合はもちろん人件費を大幅に削っている分、必要になったときに電話が繋がらないといったトラブルが発生しやすくなります。

 

これは事故のときだけではなくて、バイクのエンジンを掛けていてバッテリーが上がってしまったとかバイクが走行中に突然動かくなった場合も同様です。

 

今は、突然の大豪雨や台風などで道路が浸水してしまいそのせいでバイクが走行不能になってしまった・・・というときは、他の方も同様に起きている場合があります。

 

そういうときに対応部署に繋がりづらくなりやすいのはダイレクト型の方が多くなりやすいですね。

 

ということで、徹底的にバイク保険の年間コストを意識してバイクが原付や125cc、中古バイクなど元々壊れたときはしょうがないし適用範囲は狭いことがあってもその分補償内容は店舗型には負けないほど充実しておきたいときは、ダイレクト型を選ぶ方がメリットは大きいです。

 

逆に250ccや400ccなどある程度バイクが大きくなると、事故を起こしやすくなりますが、愛着もあるし自分だって歩いているときに後ろから車両がぶつけてきたり巻き添えをくらうなど何が起きるか分からないと心配なときは店舗型の方が安心しやすいです。(もちろんどちらにしても加入する際は担当者にしっかりと話を聞いてみることは大切ですよ!会社や保険の内容によっても違いがある場合が多いためです。)

 

結論・・・

 

バイク保険

 

任意のバイク保険はもしものときに加入しておくものですので、いつもしもが起きるか分からないですから、まず加入するところからはじまり必要になったときにサポートを充実して欲しいときは、JAのような店舗型(代理店)を選ぶ方が良いでしょう。

 

バイク保険をネットで比較したいなら↓↓

 

スポンサーリンク

勉強になったと思えた方はぜひクリックをお願いします♪励みになります♪

交通事故 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト管理人にお問い合わせしたい場合はコチラ↓
お問い合わせはこちら^^

関連ページ

JA共済のバイク保険のお見積もりは?すぐに計算してくれるの?
JA共済のバイク保険は私が加入しているためどんなプランなのかをご説明しますね。
JA共済のバイク保険の評判
JA共済のバイク保険の評判を詳しく知りたいと思ったらコチラ!
JA共済のバイク保険で気になる質問
JA共済のバイク保険に入っていると気になってしまうことがあるかもしれないですので、ご紹介します。
JAのバイク保険で弁護士費用保障特約を付けていると得?
弁護士費用保障特約はわずか数千円で付けることができる被害者のみが使える弁護士費用代金を最高で300万円まで出してもらえる制度です。
JAバイク保険で弁護士特約を使うとどうなるのか?
バイク事故で被害者側になった私が思う、事故のときに弁護士がいる理由を説明していきます!
JAバイク保険のロードサービスって何があるの?
JAバイク保険のロードサービスを使ったことがある私が説明します!
農協が破綻した場合、加入している保険はどうなるの?
JA共済は全国の農協が支えています。契約を結んだけど、地元の農協が潰れても契約書の内容は大丈夫なの?
JA共済保険の給付割合が民間保険より多くもらいやすい!
1日で多く給付金をもらい続けたい!と思っている貴方なら、JA共済の方が手厚いですよ。
JAバイク保険の年間利用料金は安いと約に立たない!
JAバイク保険は、年間で4,5万円程度は払っておかないともしもの交通事故のときに役に立たないだけじゃなくて、うんざりすることになるかもしれません。
バイク保険は加害者になった貴方を低コストで助けてくれる保険!
バイク保険なんて安い方が良いに決まっていると本当に思っていますか?
JAバイク保険のバイクロードサービスなんて使わないと思ってるだろ?
JAバイク保険には、ロードサービスが無料で付いてくるので、どうせそんなの使わないとか思ってないでしっかりと使ってあげませんか?
交通事故で廃車のバイクを買い取りしてもらいたいときは?
バイクは作りがそこまで丈夫ではないため、交通事故に遭うと、見た目は大したことがなさそうでも動かなくなることがよくあります。そんな廃車のバイクはネットで高く買い取ってもらいましょう!
JAのバイク保険を究極なまでに安くした場合はいくらで入れるの?
JAのバイク保険をできるだけ安く加入したいときにはいくらで加入できるものなの?
250ccのビッグスクーターを買うなら搭乗者傷害保険は必須!
250ccのビッグスクーターを買って2人乗りしたいときこそ、搭乗者傷害保険は加入しておくと、もしものときの一時金が入ってくるので安心して治療に専念できますよ。
JAにはホテル代(宿泊費用)サポートがないのが痛い!
バイクが自力走行不能になり、夜道を一人でどうにかして帰宅するか、どこかへ宿泊してください・・・ってことになるのはきついと言う方へ!
JAバイク保険VSネットバイク保険!どちらが有利なのか?
JAのバイク保険に加入しようと思ってはいるけど、ネットバイク保険も捨てがたい!どちらが良いのか迷っている方向けの話です!
JAのバイク保険に加入後に契約の変更はできるのか?
JAのバイク保険に入ってみたけど、お金の事情で一部解約したいときはできるのかと悩んでいる方!実は出来ます!
JAのバイク保険は車保険に比べて欠陥品だからこそ安い保険には入って欲しくない!
車と比べてみるとバイク保険の方が補償内容が少なくて、もしものときには痛い思いをするだけと言った悲惨な思いをしがちになりますが、それはきついと思いませんか?
絶対に節約したらまずいJAのバイク保険で必要不可欠な内容とは?
JA保険に加入して交通事故に遭ったときに、実はお金出ません・・・こんな状態になっていたら本当にショックですよね。
JAのバイク保険は役に立たないと周りで聞いたことある人が加入する理由とは?
JAのバイク保険は巷で話を聞いたらディスられた・・・そんな経験ありませんか?

交通事故に遭ったら バイク保険の資料請求 私が加入中のバイク保険