JA共済のバイク保険の評判 選んで本当にいいの?

スポンサーリンク

 

JA共済のバイク保険(任意)に入っていると、事故が起こったときに使ったときに親切丁寧に貴方をサポートしてくれるのかという話になりますが、
評判や私の家族の話も含めてお話しますと担当者によって良かったり悪かったりします。

 

悪い場合は本当に最悪で、まだ保険のことがよく分かっていない方が担当する場合があります。(担当部署が保険になったからという理由で担当する場合がほとんどです)
こうなると相手の損保会社はプロですので押し切られてしまう結果となりますね。(ちなみに相手の担当者も初心者の方はいます。)
また、相手の車両(自動車や自転車など)の修理については値切ろうと努力するため相手が怒ることはあります。
とはいえ、この程度はどこの損保会社でも同じです。

 

JA共済のバイク保険のメリット

いい話をしますと、JA共済には交通事故専門のプロ(個人的な判断ですが)がいます。
この方々に担当になってもらうと相手との交渉を迅速かつ丁寧にしてもらえます。
つまり、こちらは交通事故に遭い痛い思いをしておりさらにバイクはめちゃくちゃになった・・・こんなときにさらに相手と交渉しないといけないと3重苦の状態を解決してくれるというわけです。
入院してしまう大怪我だと担当者はかなり重要性が増すことになります。

 

また、プロにあたると保障内容を実行してくれます。
もし搭乗者障害に入っていれば怪我の状況によって保険金をもらうことができます。
(障害別治療共済金倍額払に加入していれば倍出ます。今は1日通院ごとにいくら出るという保障ではないため意外と少ないと感じることがあります。そんなときこそアフラックの交通事故に関して通院特約の保険や入院したときのために入院保険、死亡したときのために死亡保険に加入していると事故であっても出ます。)

 

事故に遭いますと貯金をいくらしていても新たに収入を得ることが困難になる場合があります。
そんなときのためにお金が保険金として降りれば、生活の足しになります。

 

どうすればプロにお任せしてもらえるのでしょうか?

 

私個人の考えでは、対人賠償と対物賠償は確実に無制限に加入しておきましょう。
また、弁護士費用保障特約なども有にしてできる限りお客様だと思ってもらえるようにすることでしょう。
ちなみに、規約を読んでも分かりません。なぜならJA共済にはJA共済の規約についてはブラックボックスになっている部分があると思われます。

 

なるべく安いバイク保険に加入するのは確かに良いのですが、事故のレベルが高くなるほど困ったことになります。
逆にちょっとぶつけられた程度であればそれほど高い保険にする必要性はありませんね。

 

バイクは車と違って事故に遭ったときに怪我が大きくなる傾向がありますので、できる限りお財布と相談しながらもいろんなプランに加入しておいた方が事故に遭ったときに役立つことは間違いなさそうです。

 

スポンサーリンク

勉強になったと思えた方はぜひクリックをお願いします♪励みになります♪

交通事故 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト管理人にお問い合わせしたい場合はコチラ↓
お問い合わせはこちら^^