対車と自転車の交通事故が急激に増加しています!

スポンサーリンク

 

自転車の交通規則が厳しくなり、ついに自動車と同じように道路(車道)を走らないといけなくなりました。
わざわざ人がペダルでタイヤを動かしながら進むわけですから、歩いている人と同じ扱いをして欲しいと思ってしまいがちですが、法律上では「軽車両」として扱われています。
原則として歩道と車道が分かれている場合は、車(バイク)と同じ方向で走らないといけないわけですね。

 

もし違反すると3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金と結構厳しいです。

 

また、自転車道があれば自転車道を通らないといけないです。

 

もし違反すると2万円以下の罰金または科料となります。(科料とは1,000円以上1万円未満の財産刑のこと)

 

車道は左側が原則!

 

もし違反すると3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金とこれまた厳しいわけですね。

 

ただし、例外があり以下の3点のときは歩行者優先で通過することができます。

 

・歩道に「自転車歩道通行可」の道路標識等が設置されている場合

 

・幼児・児童(13歳未満)や高齢者(70歳以上)、体の不自由な人が運転している場合

 

・車道、または交通の状況からみて、やむを得ない場合

 

歩行者が歩いているときは、一時停止するなどして歩行者の歩行を最優先にしながら妨害してはいけません。

 

※歩行者を妨げて通過しようとした場合は、2万円以下の罰金または科料です。

 

ということで、通常であれば自転車は後ろから来る車やバイクに怯えながらも頑張ってペダルを踏みながら走らないといけないわけですね。

 

自転車の事故 - 日本損害保険協会のpdfファイルにて参照!!
URL:https://www.sonpo.or.jp/protection/jitensya/pdf/jitensya/jitensya.pdf

 

なぜ自転車と車の衝突事故が多いのか?

 

自転車事故
自転車がなぜ車とぶつかるケースが多いのかと言いますと、乗っているときに一時停止をせずに通過して反対車線からやってきた車とぶつかるケース。

 

また、自転車に乗っているときは音楽を聴いていたりスマホや携帯をいじりながら走ったり、雨の日は傘を手で持ちながら運転したり、手放し運転で走行するなど危険行為を自ら冒して車に気づかずぶつかるケースが多いです。

 

一番困ったことなのですが、自転車はヘルメットを着用しない場合が多いですよね。

 

それで、バイク事故の場合ならヘルメットがあったおかげで助かったケースは多いわけですが、ヘルメットをすることは義務ではありませんのでそれで転倒してしまったときに道路に頭をぶつけて大怪我、または死亡するケースが目立っています。

 

危険を予防!自転車保険に入るということを参照!!
URL:http://www.kikenyobou-jidoushahoken-hairu.com/

 

スポンサーリンク

勉強になったと思えた方はぜひクリックをお願いします♪励みになります♪

交通事故 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト管理人にお問い合わせしたい場合はコチラ↓
お問い合わせはこちら^^