交通事故弁護士費用倒れに陥る危険性について

交通事故の弁護士費用を自費で負担しようと思った場合には、費用倒れに陥る危険性があるのかと心配になっていませんか?
やはり交通事故が起きた場合は、弁護士費用特約を使用して貴方自身が加入している損保保険会社に利用可能かお問い合わせをすることがほとんどです。
単独事故や歩行中、自転車に乗車中、乗用車の自動車保険にファミリーバイク特約を付帯していることなどで弁護士費用特約が使えるのかどうかはケースバイケースとなります。

 

弁護士費用特約は単独事故でも使えるのか?
加入中のバイク保険で弁護士費用特約は歩行中や自転車に乗っていても使えるのか?

 

ただ、バイクの場合は格安のバイク保険に加入することが当たり前のようになっていることが多く交通事故で弁護士費用を損保会社に負担してもらえない契約を結んでいる場合はできません。
(もし乗用車の家族であるなら弁護士費用特約が適用できる場合もありますが)

 

交通事故

 

弁護士費用を自腹で支払う場合に掛かる費用!

 

その場合は、安く見積もって着手金が10万円掛かる場合が多いです。(各弁護士事務所によって違いますが)
また、費用の預かり金として1から2万円程度あげて費用がさらに発生しそうなら都度お支払いするのが一般的です。

 

費用の中には、貴方の事案に対応した際の全てが入ってくると思っても過言ではありません。

 

コピー代から弁護士が担当したこと(電話対応だけなのか実際に行って担当したのか、裁判費用など)まで全て入ります。
ですので、30万円から50万円は普通に掛かってくるのは当たり前だと思っておいてください。

 

もちろん裁判になれば別途お金が掛かるわけで被害者でないと費用倒れになることは間違いないです。
加害者は主に被害者から訴えられた場合に動く場合が大きくなるべく加害者側の過失や賠償金を少なくしたいために使うので費用倒れしやすいですが、金額が立てない場合より全く違います。

 

弁護士

 

むちうちで弁護士費用倒れに陥るのか?

 

実は、知り合いの弁護士曰く高額な事案の方が回収しやすく裁判も戦いやすいとのこと!(死亡または意識不明などの大事故の方がお金を取りやすいと言える)
つまりむちうちのように数十万円程度が動くかどうかの場合は、もし回収できたとしてもトントンか費用倒れになることもあります。

 

ですので、できれば後遺障害が発生する事故であって欲しいわけですね。
14級でも等級が確定すれば費用倒れにならずに済むことが多いです。

 

後遺障害って何?

 

ただ、バイクの場合は自動車にぶつけられただけでも体が地面に叩きつけられて骨折するケースも多く弁護士に相談しておいた方が将来的に得することはよくありますので最初は法テラスの電話相談を利用してみたり貴方が加入されている損保会社の担当者に相談してみると良いでしょう!(ただし、担当者では限界がありますので弁護士費用特約を使えるのかどうかチェックしてみてください。)

 

法テラスの無料弁護士相談を利用して解決できるのか?

 

弁護士

スポンサーリンク

勉強になったと思えた方はぜひクリックをお願いします♪励みになります♪

交通事故 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト管理人にお問い合わせしたい場合はコチラ↓
お問い合わせはこちら^^