交通事故の弁護士相談はいつでも可能なのか?

交通事故の弁護士相談はいつでも可能なのか?

交通事故の弁護士相談をしたいときは、どうしても仕事から帰るときや休日など空いた時間を確保できているときでないとなかなか難しいのが現状ですよね。
もちろん、交通事故の被害者や加害者のどちらかだと思われますので、怪我などで治療するために仕事を休まれている状態は普通に有り得ます。
ですが、できる限りこちらが相談したいときに相談できる弁護士事務所にお願いしたいものですよね。

 

交通事故の弁護士相談

 

今弁護士の数は2万人以上いますので各弁護士さんによって営業時間は違いますが、土日休みなし!24時間いつでも相談可能!などの対応を取っている弁護士事務所は多いですね。
夜間相談OKの弁護士さんは増え続けていますが、個別弁護士事務所よりはある程度法人化して4、5名の在籍弁護士さんがいらっしゃる事務所の方が相談しやすいことが多いですね。

 

また、弁護士だからといっても任意保険や自賠責保険のことにも詳しくないと話にならないですから、まずは交通事故の案件をどれくらい扱ってきたかはチェックポイントです。

 

交通事故の場合は弁護士相談は無料となっていることが多いので、この弁護士さんにしよう!と何人かの弁護士さんとお話されてから決めるという手もあります。

 

間違っても法テラス経由で弁護士をお願いしたり市町村が運営している弁護士さんにお願いしてしまうことは避けた方が良いですよ。

 

法テラスに相談してしまうときの利点と危険性について

 

スポンサーリンク

勉強になったと思えた方はぜひクリックをお願いします♪励みになります♪

交通事故 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト管理人にお問い合わせしたい場合はコチラ↓
お問い合わせはこちら^^

関連ページ

弁護士費用特約は単独事故で使えるのか?
弁護士費用特約を単独事故の場合は使うことができるのかと言われると、実はできません!その理由とは・・・
弁護士費用特約は歩行中でも認めてくれるのか?
弁護士費用特約は、実は車やバイクを運転中だけではなかった!とってもメリットが大きいです!
法テラスに相談すると弁護士にお願いできるけど大丈夫なのか?
法テラスというのは今お金がないけどトラブルに遭っている方に後払いでしかも低料金で弁護士を引き受けてくれます。
交通事故の弁護士は誰でも良いのか?
交通事故に遭ったけど誰でもいいから弁護士を立てておけば問題はないのでしょうか?
交通事故弁護士費用倒れに陥る危険性について
交通事故の弁護士費用を自費で負担した場合は、費用倒れになる恐れがあるのではと心配していませんか?
弁護士を立てておくと交通事故の後遺障害認定を受けやすい
弁護士がいるかいないかによって後遺障害認定を受けやすくなることを知っていますか?
日弁連交通事故相談センターに示談斡旋したいなら
交通事故は非常により怪我をされた方の治療費や休業損害など様々なお金に関することがたくさん出てきます。
交通事故の弁護士が増殖した理由とは?
交通事故の弁護士が増えている!?と感じたことはありませんか?実はそこには理由があったのです。
交通事故の弁護士に相談する前に不安に思うこと!
交通事故の弁護士に相談しようと思ったときにいろいろと心配になることが多数出てくると思います。
交通事故専門のプロの弁護士の見つけ方!
交通事故に遭ったときに弁護士を探すなんてできない!と思っている方にどうすれば強い弁護士を探すことができるのかご紹介したいと思います!
交通事故で髄液減少症の被害に遭った場合に和解案で収めるのがいいのか?
髄液減少症の被害を交通事故で受けてしまい裁判で争うしか手がなくなったとしてもどうすれば、和解案を受け入れるべきかどうか悩みますよね?

交通事故に遭ったら バイク保険の資料請求 私が加入中のバイク保険