弁護士を立てておくと交通事故の後遺障害認定を受けやすい

弁護士を立てておくと交通事故の後遺障害認定を受けやすい

実は弁護士を立てておくだけで交通事故に遭ったときの後遺障害認定を受けやすくなることを知っていましたか?

もし後遺障害認定で一番下の14級が認められるとそれだけでも数百万円の示談した際にもらえる金額違ってくる方もいます。

 

後遺障害認定は、自賠責保険の場合は損保会社とは独立した損害保険料算出機構の自動損害調査事務所が受賞内容や後遺障害を調査することで支給額を決定します。

 

ただし、調査をする場合は人の目で決める部分が多く依頼人に対してあやふやな決め方をされる場合もあります。
実はどんなに症状が重く、それによって日頃の生活ができなくなったとしても交通事故との因果関係の立証ができなければ14等級以上の等級を付けないという場合もあります。

 

後遺障害認定で14級やそれ以上の等級認定が欲しい場合は、さすがに完治している人は難しいですが痛い場所や痺れが残っている場所があるのなら2日に1回を目安に通院されることをオススメします。

 

また、通っている病院の先生の診断書は大きく等級に影響を与えますので、もし通っている主治医と貴方自身が受けている治療に不満がある場合は弁護士に相談して別の病院にかえる決断もいるかもしれません。
特に病院の先生は損保会社の味方になることが多いです。

 

整形外科で2週間に1回は主治医と問診を行うなどがない場合は、おかしいと思った方が良いでしょう。

スポンサーリンク

勉強になったと思えた方はぜひクリックをお願いします♪励みになります♪

交通事故 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト管理人にお問い合わせしたい場合はコチラ↓
お問い合わせはこちら^^

関連ページ

弁護士費用特約は単独事故で使えるのか?
弁護士費用特約を単独事故の場合は使うことができるのかと言われると、実はできません!その理由とは・・・
弁護士費用特約は歩行中でも認めてくれるのか?
弁護士費用特約は、実は車やバイクを運転中だけではなかった!とってもメリットが大きいです!
法テラスに相談すると弁護士にお願いできるけど大丈夫なのか?
法テラスというのは今お金がないけどトラブルに遭っている方に後払いでしかも低料金で弁護士を引き受けてくれます。
交通事故の弁護士は誰でも良いのか?
交通事故に遭ったけど誰でもいいから弁護士を立てておけば問題はないのでしょうか?
交通事故弁護士費用倒れに陥る危険性について
交通事故の弁護士費用を自費で負担した場合は、費用倒れになる恐れがあるのではと心配していませんか?
日弁連交通事故相談センターに示談斡旋したいなら
交通事故は非常により怪我をされた方の治療費や休業損害など様々なお金に関することがたくさん出てきます。
交通事故の弁護士相談はいつでも可能なのか?
交通事故の弁護士相談をしてもらう際は24時間いつでも相談可能なのか心配ではないですか?
交通事故の弁護士が増殖した理由とは?
交通事故の弁護士が増えている!?と感じたことはありませんか?実はそこには理由があったのです。
交通事故の弁護士に相談する前に不安に思うこと!
交通事故の弁護士に相談しようと思ったときにいろいろと心配になることが多数出てくると思います。
交通事故専門のプロの弁護士の見つけ方!
交通事故に遭ったときに弁護士を探すなんてできない!と思っている方にどうすれば強い弁護士を探すことができるのかご紹介したいと思います!
交通事故で髄液減少症の被害に遭った場合に和解案で収めるのがいいのか?
髄液減少症の被害を交通事故で受けてしまい裁判で争うしか手がなくなったとしてもどうすれば、和解案を受け入れるべきかどうか悩みますよね?

交通事故に遭ったら バイク保険の資料請求 私が加入中のバイク保険