弁護士費用保障特約を使うメリットデメリット!

弁護士費用保障特約

弁護士費用保障特約はだいたいバイクの保険の場合は、数千円程度でつけることができます。

 

逆に言えばそれだけ使う人がまだ少ないということなのでしょう。

 

ですが、弁護士に依頼することで得られる保障さえ見ておけば絶対に使ってやろうと思うようになるかもしれないですね。

 

まず先にこの特約を整理しますと、

 

法律相談費用として10万円まで、弁護士費用として300万円まで出ます。

 

スポンサーリンク

 

法律相談費用とは弁護士にこんな内容で相手の損保会社から保障をされたいと伝えることなのですが、
やはり1人目の方でOKといかないこともあります。

 

また、気をつけておかないといけないことは、
弁護士用語を多用してくる弁護士は注意が必要です。

 

何を言っているのかさっぱり分からないことがあったら何度も問い直すことができ、
しかもわかりやすく説明をしてくれる弁護士でないと、今後ストレスが溜まって治療にも毎日の暮らしにも影響を与えてしまいます。

 

今は、年間2,000人以上の新しい弁護士が生まれる時代ですので、
いくらでも弁護士はいるということをまずは知ってから紹介してもらうのがベストでしょう!

 

弁護士の見つけ方は2つあります。

 

弁護士費用

1、損保会社が日弁連に紹介をお願いし貴方の近所で加入されている弁護士に相談するようになる場合

 

2、貴方自身がネットやチラシなどで調べてから見つける場合

 

どちらがいいのかと言われると「1」の方は費用が保障内容以内に収まりやすいです。

 

なので新たな費用(コスト)が発生しにくいというわけです。

 

弁護士特約なしで裁判を起こすなどした場合では、事故の被害者が死亡されたなど多額のお金をめぐる訴訟でもない限り、弁護士費用保障特約以上の差額を回収するのは厳しいかもしれないです。

 

裁判では弁護士費用分まで請求をすることはできるようですが、もし貴方が見込む保障額よりも少なかったり、保障内容は良かったけど弁護士費用を含まない金額で和解してしまうとそこから弁護士費用の保障を超える費用は持っていかれますので注意が必要です。

 

 

2だと、各損保会社が独自の規約に基づいて弁護士の金額の支払い分を査定していきます。

 

弁護士費用

例えば、弁護士を通じて和解できたとしても弁護士が貴方の加入している損保会社に請求してみると、費用の半額しか出さなかったので貴方の補償分から差し引かれるなんてことも実際にあります。

 

すなわち「1」だと保障の費用負担内の範囲で収まりやすいのでたいていの場合は「1」がベストです。

 

もちろん絶対にこの弁護士なら任せられると思うのなら費用を超えても大丈夫だと思いますよ^^

 

 

損保会社からの慰謝料は弁護士基準にて請求できる!

 

実は慰謝料の支払う金額のプランには3段階あり、

 

「自賠責基準」「任意保険基準」「弁護士基準」

 

とあります。

 

慰謝料とは・・・交通事故で貴方が受けた精神的や肉体的な苦痛に対して受けられる金銭的な補償です。

 

精神的苦痛は人それぞれ思いが違いますし、生活水準や家族構成も違います。
なので本来であれば、子供が3人もいるのにこんなに生活をするのがきつくなったんだから1,000万円払え!と言いたくなるでしょうが、
すでに国や損保会社、弁護士会が抗鬱自己の慰謝料の損場額の算出方法を公表して出しています。

 

自賠責基準は、1日4,200円をお支払いするようになっています。

 

ですが、

 

1.治療期間

 

 

の日数の少ない方を採用していきます。

 

ただし、(あんま・マッサージ・指圧師・はり師・きゅう師の施術は実施術日数)

 

です。

 

治療期間 90日だとすると、

 

1なら90日×4,200円=378,000円

 

2なら30日治療に通ったとすると、

 

30日×2=60日×4,200円=252,000円

 

です。実は悔しい話にはなりますが、少ない方を採用することになっており2の252,000円をお支払いしてもらえるようになります。

 

少なくとも効率的に補償を求めたいのであれば治療期間の2分の1以上は通院をオススメします!

 

 

2、休業損害

 

休業損害

1日につき5,700円〜19,000円

 

1週間に労働時間が30時間以上の給与所得者の場合は、休業損害の対象となる日数は、

 

減速として勤務先の休業損害証明書によります。

 

ただし事業所得者、パート、アルバイト、火事従事者の場合は原則として実治療日数になります。

 

ただしTOPページでも書きました通り、自賠責は120万円までしかありません。
この中に全ての保障が入っていますのでこれを超えますと任意保険基準へと変わります。

 

 

任意保険ですと自賠責保険に少しだけ高い額が支払われる傾向があるようです。

 

ですが、各社基準が違いますので一概にこれとは言えません!

 

 

そんなときに弁護士基準が役に立ちます!

 

大まかにいえば自賠責保険基準の約2倍は取れると言われています。

 

貴方が交通事故で受けた損害(肉体的や精神的なもの)が大きければ大きいほど弁護士が請求できる額も大きくなります。

 

ただし、主に精神的なことより肉体的なことの方に重点が置かれているのが現状なので、
貴方がもし事故に遭ったときは「男なら我慢するのが普通!」などと思わずにしっかりと病院の先生に伝えることが補償を勝ち取るための第一歩ですよ!!

 

弁護士に相談すると、

 

後遺障害の申請をするときにも力を発揮します!

 

たいていの病院の先生方は事故だけしか扱っていないというわけにはいかないのです。

 

なので弁護士が介入することで後遺障害をもらいやすくできるお手伝いができるというわけです。

 

自賠責基準で14級は、

 

32万円です。

 

ですが弁護士基準(裁判所基準)ですと、

 

110万円です。

 

貴方はどちらが嬉しいですか?

 

もちろん後遺障害以外にも保障を受け取れますのでそれを含めると14級の場合でも赤い本基準で算出していくので200万円以上は手に入る可能性はありますよ!!(もしMRIやレントゲンで明らかに損傷が分かる場合はもっと等級が上がってきます。12級で290万円+休業損害の年数など様々な要素が絡んできます。もちろん赤い本基準で請求されますので800万円以上もらえる人もいます。もちろん個人差はあります。)

 

つまり弁護士費用特約に加入しておいて損することはありませんよ!!

 

3、通院期間を伸ばすことができる!

 

休業損害

整形外科で主に治療を進めていくことになることでしょう。(もちろん頭の中にダメージが残った場合などは違うこともありますが)

 

そのときに、軽いけがだと損保会社はなるべく早い期間で打ち切りたいと思っています。

 

そこで、1ヶ月、3ヶ月、半年程度で打ち切ろうと必死になって貴方との交渉を勧めていこうとします。

 

そんなとき、貴方がまだ腰が痛い!ひざが痛い!からもう少し長く治療させてほしいといっても、
聞く耳を持たない場合も多いです!

 

そんなとき、弁護士が貴方の代わりに相手方損保会社と交渉をしてくれるとできるだけ長い期間、治療をさせてくれるようになります。(整形外科の先生の中には保険会社の言いなりの先生もいらっしゃいます。逆に保険会社に説明して期間を長くしてくれるように頑張る先生もいらっしゃいます。ただ、それでも保険会社が打ち切ると強く言ってくるのでダメな場合も多いのです。)
基本的に、貴方がしたいことを叶えてあげるように動いてくれるのが弁護士です!

 

※例え、病院側が損保会社(保険会社)になるべく文句を言われないようにするために、3ヶ月経ったからという理由で勝手に打ち切りとか言い出しても貴方が弁護士をつけることで、
損保会社と交渉してくれて違う病院へ通院させてくれることがあります。

 

ただでさえ、毎月のように法律はどんどん変わっている時代です。
事故の法律も変わっているのので弁護士をつけることは頼りになりますよ!

 

今回のおまとめ

 

・弁護士費用保障特約をつけておくと何かと便利!
・弁護士基準だと示談や裁判などになったときに高額の慰謝料を請求できる。
・弁護士をつけると通院期間を伸ばせる。

弁護士費用保障特約を使うメリットデメリット!記事一覧

弁護士費用特約は信じられないことにバイクによって単独事故を引き起こしてしまったときに使うことができるのかと言いますと、実は貴方が加入している損保会社は、適用範囲外としてほぼ拒否することでしょう。それはなぜかと言いますと、「貴方が貴方の加入している損保会社のお金を使って、貴方の加入している損保会社を訴える」ことになるからです。(ただし、各社約款が違いますので絶対ではないですがほぼ無理と考えても良いで...

弁護士費用特約は、契約している車やバイクしか認めてくれないと思っている方もいることでしょうが、実は歩行中や一部自転車についても認められる場合があります。ただし原則は「被害者である場合です。」例えば、歩行していたけど自転車が通過していったのですが睨まれたのでムカついて相手の自転車まで走って追いつき後ろ回し蹴りをしてこかした。とか、自転車同士の事故、自転車に乗っていて歩行者とぶつかってしまった場合は原...

法テラスでは、様々な分野で活躍をされている弁護士に相談をすることができます。(この弁護士にして欲しいということを基本的に選ぶことはできません。)実は、弁護士にお願いする場合は手付金が先に掛かってしまいます。そのお金がないから相談したいことがあってもできない!という方やどこの弁護士にお願いすれば良いのかわからないから法テラスで弁護士を紹介してもらいたい!という方などを対象に電話で無料相談も行っていま...

交通事故に遭ったけど弁護士事務所は街中にいけばたくさんあります。また、ネットでも地元の弁護士事務所がサイトを開設しており例えば、「広島 事故 弁護士」や「法律事務所 交通事故」などで調べるだけでたくさんの弁護士事務所が出てきます。インターネットで調べた結果、とりあえずサイトがあったのでここでいいと勝手に決め付けると後々後悔することになります。実は弁護士にはいろんな専門家がたくさんいます。・金融・交...

交通事故の弁護士費用を自費で負担しようと思った場合には、費用倒れに陥る危険性があるのかと心配になっていませんか?やはり交通事故が起きた場合は、弁護士費用特約を使用して貴方自身が加入している損保保険会社に利用可能かお問い合わせをすることがほとんどです。単独事故や歩行中、自転車に乗車中、乗用車の自動車保険にファミリーバイク特約を付帯していることなどで弁護士費用特約が使えるのかどうかはケースバイケースと...

実は弁護士を立てておくだけで交通事故に遭ったときの後遺障害認定を受けやすくなることを知っていましたか?もし後遺障害認定で一番下の14級が認められるとそれだけでも数百万円の示談した際にもらえる金額違ってくる方もいます。後遺障害認定は、自賠責保険の場合は損保会社とは独立した損害保険料算出機構の自動損害調査事務所が受賞内容や後遺障害を調査することで支給額を決定します。ただし、調査をする場合は人の目で決め...

交通事故が起きるとどうしても怪我をされた方は病院へ通院しなくてはいけなくなります。またその間、仕事が思うようにできないので休業損害や午前中だけ、午後だけ休んだからその保証をして欲しいということになります。ところが、加害者側(ちゃんといえば加害者も怪我をすることがありますので、相手側)の保険会社はならちゃんとお支払いしますとなかなかならない場合が多いのです。特に、接骨院や整骨院に通っている方は、その...

交通事故の弁護士相談をしたいときは、どうしても仕事から帰るときや休日など空いた時間を確保できているときでないとなかなか難しいのが現状ですよね。もちろん、交通事故の被害者や加害者のどちらかだと思われますので、怪我などで治療するために仕事を休まれている状態は普通に有り得ます。ですが、できる限りこちらが相談したいときに相談できる弁護士事務所にお願いしたいものですよね。今弁護士の数は2万人以上いますので各...

交通事故の弁護士が今非常に増えていることを知っていましたか?と聞いて、「うん、知っていたよ!」と答えて下さった方はあまりいらっしゃらないかもしれません。実は交通事故の弁護士は年々増えています。その原因は過払い請求が一服してしたことが原因です。過払いは弁護士や司法書士の人でなくても個人でも請求することができました。ただ、弁護士や司法書士に頼めば簡単に計算をしてくれて消費者金融へ請求すると7割から8割...

交通事故の弁護士に相談をしたいと思ったときにかなり不安に思うことはあるのではないでしょうか?そういった不安を解決するべくQ&Aでお答えしますね!Q:弁護士に相談したいけど、弁護士の探し方がわからない!A:探し方はいろいろですが、自分で探す!損保会社の紹介で探す!の2者択一になりがちです。私も以前弁護士に相談をしたことがありますが、損保会社に連絡をとって自分でネットを通じて探しました。損保会社からだ...

長年の実績のある交通事故に強いプロ中のプロの弁護士を今すぐに探してお願いしたい場合に私が使ってきた簡単に探せる方法を貴方にご紹介しますね。実は、バイクで交通事故に遭った際にとった手法で相手の保険会社の担当者が弁護士にお願いしてから180度態度が変わってくれたため通院が3ヶ月で終わるはずだったのがそこから4ヶ月も続けることができ、またいろんな箇所を再度MRIやCTスキャンなどで調べ直してもらえて最後...

交通事故で被害者の場合は、今までは普通に歩いたり他の人とコミュニケーションを取ることができたり、勉強したり・・・など様々な活動が事故に遭った瞬間からできなくなってくることもよくあります。髄液減少症は、症状としてはいろんな症例があり例えばめまいや耳鳴、視力低下だったり自律神経症状と様々な症状を及ぼすため被害者にとって辛い治療生活を送ることになりやすいですね。治療の関係では、ブラッドパッチの手術を受け...

スポンサーリンク

勉強になったと思えた方はぜひクリックをお願いします♪励みになります♪

交通事故 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイト管理人にお問い合わせしたい場合はコチラ↓
お問い合わせはこちら^^